トイレの便器の臭い汚れ除去掃除のまとめ

サイトマップ会社案内HOME
お困りごと相談室
HOME > お困りごと相談室
ビル・店舗の日常・定期清掃メンテナンス
プロの技でお家をまるごとクリーニング
子供達に綺麗でやわらかな砂場を提供
温浴施設清掃・設備点検保守サービス
新築当時の木の美しさを蘇らせます
太陽光発電ソーラーパネルクリーニング
お問い合わせ

トイレの臭いに困ってます

臭いも汚れの一部です。ほとんどの臭いは汚れからきています。
トイレの汚れには、尿石・黄ばみ・黒ずみ・水垢などがあり、臭いというやっかいなものも存在します。それぞれの汚れ等について除去方法をご紹介します。

トイレの便器

臭いは汚れから

トイレの便器には尿石や黄ばみ、水垢など様々な汚れが付着します。汚れが完全に定着してしまわないうちに清掃することが大切ですが、通常はトイレ専用の洗剤を使用します。トイレ用洗剤は中性か酸性のものが多く、尿石や黄ばみに作用する成分で造られています。

また、トイレ便器は平らな部分が少なく、垂直な部分に汚れがつきやすいのでお掃除にはちょっとした工夫が必要です。(最初に灯油ポンプなどで便器内の水を吸い出します。ポンプがなければ、バケツに水を汲んで、勢いよく流すと水位が下がります。残った水はタオルで吸ってください。)

まず、トイレ用洗剤を使用する場合は、平らでない便器の汚れた部分にティッシュペーパーをひき、その上に洗剤をかけ、浸透させ、数分おきます。(湿布法)これだけでも洗剤の効果を生かすことができます。数分後にトイレ用ブラシで擦り落とします。

洋式便器の便座の部分はプラスチックなので、一般の中性洗剤や弱アルカリ性洗剤で拭き上げます。乾いたタオルなどで拭き上げると静電気が発生し、かえってホコリがつきやすくなります。

便器蓋の入り組んだ部分はブラシ(使用済みの歯ブラシを使うと便利です)を使って奥までよく洗いましょう。特に水洗ノズルは要注意です。(ここに便器の臭いの原因がありますので、奥までよく掃除しましょう。)ノズルは引っ張り出して根元まで掃除するのがコツ。(初めてのときは少し勇気がいるかも知れません、ゴム手袋して思い切って引っ張り出しましょう。)

もし、スチーム洗浄機をお持ちでしたら、この細かい隙間の掃除に使用すると除菌効果もあり使う価値があると思います。
長年の汚れが蓄積した手ごわいトイレは徹底的に掃除する必要があります。

洋式便器の場合は、蓋と便座がボルトで固定されていますので、スパナーでボルトをゆるめると簡単に外れます。蓋と便座をお風呂場など別の場所で洗います。蓋と便座を外した跡には普段掃除できない汚れがたっぷりと残っていますので、洗剤でキレイに掃除しましょう。(通常の洗剤で汚れは落ちます。)

便器の中には何ミリにも厚くなった尿石がこびりついている場合があります。 
こうなると湿布法だけでは落ちません。酸性系洗剤を2・3本使うつもりで原液に浸しましょう。排水口は雑巾などで栓をして原液が流れ出さないようにします。目皿等取り外しのできるものはポリバケツに原液を入れ浸しておきます。時間は1時間程で十分です。
それでも落ちない場合は、洗剤の力では除去が難しくなりますので、ケレン棒や耐水サンドペーパーを使い物理的に削り取る他ありません。


便器の黒ずみ

黒ずみは空気中のホコリが付着し固着したものです。通常は中性洗剤や弱アルカリ性洗剤で落とすことができます。落ちにくい汚れにはクリームクレンザーを使用すると研磨剤の力で落とすことができます。
それでも落とせない汚れは、洗剤と併用して目の細かい耐水サンドペーパーで削り取ります。


便器の黄ばみ

便器の内側についた黄ばみはブラシでこすっただけでは落ちにくいものです。上記で記載したようにティッシュペーパーを貼り付け、その上からトイレ専用洗剤をかけて数分したら再びこするという、湿布法により落とします。
それでも落ちない汚れは酸性洗剤を使用します。(サンポールなど)トイレ用酸性洗剤は塩酸成分の力により黄ばみなどを落としますが、やはり湿布法により数分置いてからこするほうが効果的です。
なお、それでも落ちない黄ばみは、耐水性サンドペーパーを使って擦ります。(目が粗いと便器表面を傷つける為注意です。)
(トイレの便器の汚れに強力な酸を使うと、頑固な汚れも落とすことが出来ますが、便器の光沢・ツヤが失われますので、酸系の薬品を使用する場合には注意してください。)


便器水位線の輪じみ

水位線の輪じみは、まず便器の水を抜かなければなりません。灯油用ポンプがなければ、バケツで水を勢い良く流すと勢いで水位が少し下がります。
輪じみの除去方法は上の黄ばみの除去と同様、湿布法などで対処します。


便器の外側の汚れ

便器の外側は、通常のトイレ用洗剤をぞうきんやタオルにつけて拭くのみの方法で殆どきれいになります。ただし、尿が飛び散っている場合は臭いが残りますので、エタノールや消臭・除菌ができるトイレ用洗剤や漂白剤を使用して拭くと良いでしょう。落ちにくい汚れにはクリームクレンザーを使用します。


トイレのタンク

トイレのロータンクも便器と同じ材質の場合が殆どですが、汚れの性質は水垢や黒ずみの比率が高くなります。


タンク上部の水受けの黒ずみ

タンク上部やホコリが沈着しやすく、そのホコリが固着して黒ずみとなります。この部分の黒ずみは洗剤だけでは取れない場合が多く、クリームクレンザーを使用してスポンジで落とす方法が良いでしょう。それでも落ちない場合は、便器同様サンドペーパーを使用することとなります。


タンク上部の水受けの黄ばみ

この部分の黄ばみは汚物によるものではなく、水道水の成分によるものなので還元漂白剤を使用します。水受けにティッシュペーパーをひき、お湯で薄めた漂白剤を染み込ませると、10分くらいで汚れが取れるでしょう。(還元漂白剤は、お湯でないと効果が発揮されないので注意)


タンク上部のカラン(水出し口)や金属部分

この部分の汚れもクリームクレンザーを使用すると良く落ちるでしょう。金属磨き剤を使用してもピカピカになります。光る場所を光らせるのはお掃除のコツです。


トイレの床

トイレの床

トイレの床は磁器系タイルの場合や、塩ビ系シートやタイルの場合と様々です。

磁器系タイルには水で薄めた酸性洗剤で拭く方法がありますが、大抵他の材質も同様に塩素系漂白剤で拭き上げる方法が良いでしょう。床には尿が飛び散って黄ばみと臭いの原因となりますので、臭い取りの効果もあります。ただし、この塩素系漂白剤と酸性洗剤は混ぜると有毒ガスを発生させますので、絶対に近づけないようにしてください。

塩素系漂白剤をトイレに持ち込むことに危険を感じる方は、トイレの外でつくった塩素系漂白剤の薄め液にぞうきんを浸し絞ったもので拭くようにすると良いでしょう。


トイレの臭い

トイレの臭いの原因には何点かありますが、やはり人間からの汚物による原因です。排水から臭いが上がってくる場合には、トイレのトラップの封水(臭いや害虫が排水管から逆流しないように水で塞ぐ構造)がなくなっている場合がありますので、水を少し流すと改善されます。その他のトイレ内での原因は上記記載のお掃除を行えば改善されるはずですが、それでも臭いが取れない場合は他の原因が考えられます。


トイレの繊維製品に付着した臭い

特に男性が洋式便器を使う場合、尿がまわりの繊維製品や床に飛び散る場合が多く、トイレマットや便座カバーに尿がつき臭いの元になります。これらの製品は酸素系漂白剤の薄め液に浸しておくと臭いが除去されます。(色柄物に塩素系漂白剤を使用すると色落ちしますので、酸素系漂白剤を使用します。)


トイレ洗浄用ブラシの臭い

トイレ用ブラシは汚物の掃除を行い、長くトイレ内に設置されますので、菌が繁殖し、臭いの原因となります。トイレ用ブラシは定期的に塩素系漂白剤などで除菌・洗浄を行うと良いでしょう。


トイレの壁紙の臭い

意外に気が付かないのが、トイレの壁に染み込んだ臭いです。ここにも尿が飛び散って臭いの元となりますので、便器まわりの床の方法に準じて拭き掃除を行い、エタノールを壁にスプレーしておくと臭いが消えます。


お問い合わせはTEL.0584-81-6362